相続問題は知識豊富な専門家に任せよう~争続にしない相続~

名刺を渡す人と受け取る人

PICK UP

税金の算出

スマホを触る人

相続をする際に気になるのが、どれぐらい相続税が引かれるのかということです。税金の計算は複雑な部分があるため、見ないようにしている人も多いです。川崎で相続するなら知っておいた方が良いです。

専門家に相談

握手する2人の人

相続を川崎で行なう場合は、専門家に相談した方が良いです。相続は専門的な知識が必要になってくるので、弁護士や税理士などの専門家に相談して、アドバイスをもらうことが大切です。

上手に生前贈与

パソコンを操作する人

川崎で相続をするなら、生前贈与を行なうと良いです。生前贈与をすることで、計画的に相続財産を減らすことができ、相続税の負担も減らすことができます。コツを知り、上手に活用しましょう。

遺言書を残す

相続をトラブルなく行なうためには、専門家の力を借りた方が良いです。専門家なら相続の知識に長けていますし、多くの問題を解決してきた経験があるので、素人が解決法を考えるよりも良い解決法を提案してくれるのです。川崎にも多くの専門家がいるので、実績がある信頼できる専門家を探して依頼しましょう。しかし、全て専門家に任せきりということはよくありません。問題に直面しているのは自分自身ですから、やはり知識を持っておくことも大切なのです。子供がいる時の相続問題だけではなく、夫婦だけの相続問題もあります。特に子供がいない場合の方が、相続人が複雑にあること多く、手続きも面倒くさくなることが多いのです。そういう場合は、遺言書を残しておいたほうが良いでしょう。

子供がいない夫婦の場合、誰に相続されるのかというと、両親、前妻や前夫の子供、兄弟、甥や姪などです。相続する立場によっても、相続の割合は異なります。このように子供がいる時も、複雑化するので、遺言書を作っておいたほうが良いのです。相続人の数が多くなると、その分トラブルが起こる可能性も高くなり、事務の手続きも複雑になります。それを回避するためには、遺言書を書くことが大切なのです。遺言書を残しておけば、配偶者の相続の手続きも軽減することができ、負担が軽くなります。配偶者だけではなく、甥や姪に遺産を残すということもできます。自分の希望を伝えられるのが、遺言書のメリットなのです。ただ、遺言書の書き方を間違ってしまうと、効力が無くなってしまうこともあるので、注意が必要です。

RECOMMENDED LINKS