相続問題は知識豊富な専門家に任せよう~争続にしない相続~

眼鏡をかけた男性

上手に生前贈与

パソコンを操作する人

相続を川崎で行なう場合は、生前贈与をすることで、相続税の費用を減らせるでしょう。生前贈与とは、生きている間に財産の一部を贈与するというものです。亡くなった後では、相続税課税対象になってしまうので、その分税金として支払う額も多くなるでしょう。生前贈与をすることによって、非課税とすることができ、税金を減少させることができるのです。贈与と聞くと、とても簡単にできると思われますが、場合によっては贈与税が発生してしまうこともあるので、注意が必要です。闇雲に行なうのではなく、正しい知識で生前贈与をすることが大切です。わかりやすい生前贈与が、贈与税基礎控除です。これは、贈与をしても税金がかからない範囲で、財産を贈与するというものです。その範囲は、1年あたり110万円が上限です。ですから、毎年100万円贈与しても贈与税はかかりませんし、相続税としても範囲に入らないのです。1年で100万円と聞くと小さいと思う人も多いですが、これを計画的に続ければ、財産が多い場合でも、しっかりと相続財産を減らすことが出来るでしょう。注意しておきたいのが、毎年同じ時期に贈与するのは避けた方が良いということです。すると、贈与する意図があったとみなされて、贈与税が課せられることがあるからです。

教育資金贈与信託を使って生前贈与をすることもできます。これは、孫に対する生前贈与になります。川崎に孫がいる場合は、これを利用すると良いでしょう。この場合、贈与した財産は教育費用としてしか使うことはできないのですが、孫一人に対し、1,500万円まで非課税になります。教育費用にしか使うことができないので、あまり自由度は無いのですが、計画的に行うと上手に使えるでしょう。